ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

An old big house became a small furniture

e0268325_184329100.jpg

北タイ伝統の大きなお家がアクセサリー什器に変身しました。
昔ながらのやりかたで作られたお家が長い間お家として生きて、その後何らかの理由で取り壊されます。その時はきれいに一つ一つ丁寧に分解され、その素材達がまた違う形で生き返ります。

丁度最近、友人が教えてくれたお話。
昔の木材は、木を切ってから自然にしっかり時間をかけて乾かしていくので、お家という形になっても息をして”生きている”そうです。だから木そのものの丈夫さがあります。現在の木材は、大量に伐採されそして乾燥機で無理矢理乾燥されるので、そこで本来の木の生命力が死んでしまうそうです。

テンがひとつひとつヤスリをかけ、それぞれの表情を生かし、丁寧に仕上げた、折り畳んで携帯もできるアクセサリー什器は、今いろいろなお店で活躍させてもらっています。
[PR]
by mhongtree | 2012-08-04 18:57 | ちくちく。。。
<< Chou à la crème... お布団→手提げカバン >>