ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

ミーちゃんとわたし

e0268325_20554661.jpg

本日、J Chiang Mai Mhong Tree店に6月初夏のフカフカWガーゼ+1のFuroshikiを入荷しました!
今回はサイズが 今までの100cm X 100cm(およそ)の大判と82-85cm x 82-85cm(およそ)の中判サイズがあります。そしてビーズの付け方もちょっと変わりました。 

今回の風呂敷のが新しく変わったのをきっかけにちょっとお値段も変わりました。その理由は、この風呂敷用の生地でよりよいデザイン、そして質の良いものを扱う問屋さんを発見。そのため生地代がいまでよりあがってしまうけれど、いいモノを発見してしまったらやっぱりそちらを扱い、安定したイイモノをお客様に提供したい。

そして、この風呂敷を作ってくれているミーちゃんの技術と理解が”この風呂敷に関して”最近しっかり安定してきたので、彼女にこの風呂敷は完全に任せられるようになりました。そして、彼女の周りにいるミシンをまだ持てない女性に彼女が最初に指導し、手でビーズの装飾をしてもらう担当にして、仕事を分担し、その女性にも収入が入るようになりました。なので、私たちもちょっと彼女へのお給料アップをしたいのです。
彼女と出会い、お仕事を頼み始めてから1年が経ちました。ミーちゃんは主に地元のマーケットにだす、簡単なしあがりの物ばかりを本当にちょっとのお金でつくり、たくさん作ればその分お金が入るけれど、そうするには朝から深夜までずっと仕事を続けなければなりません。
とてもまじめで正直なミーちゃん、私はいつも思っていることを正直にぶつけることができ、彼女もそれに答えてきます。でも、文化の違いで、考え方がもちろんちがい、難しいことがた〜〜〜〜〜〜〜くさんありました。今もあります(笑)でも、私、このミーちゃんが大好きなんです。
ミーちゃんと仕事をやっていて一番いいことは、できないことは「できない」とちゃんと言えること!これ大切なんですよね。
タイでは 「できない」ということが、どーやらすごく難しいことらしく、できないとわかっていても「できる」と言ってしまい、結局できないままであとで問題になるってことが多いんです。

私とほぼ同い年で、もうすでに大きな家族をささえてがんばっているこのミーちゃんには技術をもっと上げてもらい、いい仕事をもっといい賃金でやっていけるようになってもらいたいなと日々想っています。。特にモン族であるミーちゃんの立場は、結構たいへんなところがあり、子育てや旦那さんの家族(何人もいます)の面倒も全て嫁であるミーちゃんがしなければなりません。ミーちゃんの稼ぎは全てその家族に流れてしまい、例え仕事用の物だったとしてもミーちゃん自身に使えることはありません。
ミーちゃんとのやりとりで学んだことは、縫製の技術を上げるには、やりかたを教えるだけではなく、やっぱりものづくりのいい環境が必要。だけれども、私がお金をあげて、例えば「素材を置くための棚を買ってね」、と言って渡しても、それはモン族の女性であるミーちゃんがそのお金で棚を買うことは許されないのです。お金で入ったものは、家族のために使われてしまうから。
なので、「棚」自体を買って、届けてあげないとダメなんですね。

この1年私といっしょに仕事をしてきてくれたミーちゃんには、仕上がりがどんどん良くなっているための昇給を今回し、そして今後ミーちゃんの仕事環境が良くなるためのミーちゃん貯金を、ミーちゃんが作っているプロダクトー FuroshikiとMhong Tree オリジナル モンパンツ ーの売り上げからちょっとずつしていくことにしました。

モン族の文化だけではなく、その他にも私はミーちゃんから本当にたくさん学んでいます。これからもMhong Treeはミーちゃんにはお世話になります。 :D

みなさん、タイに来られた際にはミーちゃんの作るMhong Treeのプロダクトをお手に取ってご覧になってくださいね♪

*バンコク、プラネッタオーガニカ ショールム スクンビット店の今現在店頭にあるFuroshikiはいままでと同じお値段で、次回の入荷品からお値段が変わります。
[PR]
by mhongtree | 2013-06-03 22:08 | ちくちく。。。
<< 虹と南国フレーバーコーヒー おサレな SHABUSHI >>