ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

そうだ、パーイへいこう! (5)

e0268325_11121494.jpg

朝7時に朝食をとり、8時にはリゾートを出発です。パーイの街のガソリンスタンドで、タイヤのチェック、空気を入れ、ガソリンも満タンに。
私たちのオンボロヤマハはエンジンの力が弱いので、急な上り坂を上りきれないのです。でも、最初の山越えでエンジンの音とアクセルの回し方のこつを覚えたので、きっとだいじょうぶ。テンも運転はうまいのですが、どうもこのオンボロヤマハには強い癖があり、私がずっと乗っていたので感覚的にわかるようです。
チェンマイーパーイの道のりは、急な上り下りの坂に加えて、かなりカーブのきつい道、アスファルトがはがれてボコボコの道が途中にたくさんあるので、車でもちょっと怖い場所もあり。。。
e0268325_11122284.jpg

思った通り、パーイ寄りの一番きつい上り坂で私たちのバイクは失速。。。。(笑)
もちろん予想通りだったので、テンは笑顔でその数百メートルを歩き、私は歩いた方が早いようなスピードでバイクを運転。
そんな時、私たちの後ろ車で走っていたアメリカ人のだんなさんとタイ人のおくさんとあかちゃんの家族が見かねてテンを一番高い坂の上まで数百メートル乗せてくれました。そのあとも、ちょっと私たちのことを気にしてくれ、1〜2キロさきで上り坂のところでは、私たちが大丈夫か見届けてから車を走らせるというとても親切な家族に出会いました。ありがとうござます!
e0268325_1112126.jpg

そして、テンは数回数百メートルを歩かされたのにも関わらず、驚いたことに行きよりも早く、そしてガソリンもあまり使わずに朝10時半には中間地点を突破!
e0268325_11123655.jpg

あまりにすごい道だったので、勢いに任せて2時間半ずっと走りっぱなし。パーイからの道約6割くらいの場所にある休憩所で至福のコーヒーをいただきました♪黄色い花が咲き乱れてとてもきれいです。山道の運転は気持ちが良く本当に楽しいです♪
そして思いのほか早く進んでいるので、やはり寄り道をすることに。
パーイからチェンマイへ向かう道の7割くらいの場所に、Pong Duead Geyserがあります。去年からずっと行きたかった温泉。このチェンマイへ向かう道から外れてさらに10km行ったところにあります。もっと急な山道になり、道も石や砂だらけでちょっと怖かったけど、ついでだからエイっと行ってしまいました。
e0268325_11383135.jpg

すごい勢いでお湯が噴き出しています。
e0268325_1138373.jpg

今回は、途中で買った玉子を温泉玉子にしてみました。茹で時間8分。
温泉玉子って、コクがでておいしい〜♪こんなにおいしさが違うのがとっても不思議です。
それから温泉です!このPong Duead Geyserも国立の公園なので、入場料がかかります。
さらに奥に進んで温泉につかるには、別料金がかかるのですが、受付のおばさんにきくと、
「あななたちはちゃんと料金を払おうという姿勢をとったから、タダではいっていいよー。」と(笑)わーい!
e0268325_11384274.jpg

休日にも関わらず、あまり人がいなかったので殆どすべての温泉施設を二人締め☆このきれいなターコイズブルーの温泉はかなり熱めのお湯だったので私でも入れず。。
でも、そこに一人いたバンコクから来ていたおじさまはとっぷり肩まで入っておられました。すごい!
他の場所に移ろうとすると、
「ふたりっきりで楽しみたいんだったら、僕はでていくよー」なんて!そんなことは全くないので、熱すぎて入れないからプールに行きますとつげると、このおじさんが予約したプライベート温泉小屋のカギをくれました。外の開放的な温泉の方が好きなので、ゆずってくれたのでした。ありがとう〜♪
e0268325_11385326.jpg

熱い温泉に入れなかったので、こちらの温水プールで一泳ぎ。眺めも最高で気持ちいー!
e0268325_11385835.jpg

そしてこちらが、プライベートの温泉小屋。
うん、入ってみると小さくて暗いのでやっぱり外の方がよかったです。でも、中にちゃんとシャワーも付いているので、最後にここでシャワーを浴びて着替えてでることができました。

国立公園の中には、レストランや宿泊施設もあります。レストランで思いのほかおいしいチャーハンをいただき、テンの夢だった熱い温泉の水でカップラーメンとインスタントコーヒーを作って食べたい飲みたいというのも無事叶えたたっぷり楽しんだ後、1時半にはチェンマイに向けてまた出発です。
[PR]
by mhongtree | 2013-11-18 12:04 | てくてく。。。
<< そうだ、パーイへいこう! (6) そうだ、パーイへいこう! (4) >>