ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

お料理が好きな人がつくる料理

テンがもう学生の頃からの行きつけのお店に私は今日はじめて連れて行ってもらいました。
一見、普通のお店。

近づくと、
「いらっしゃいっ!!なにを食べる?」っとすごく威勢のよい元気そうなおじいさんが店頭で麺類の屋台風台所を構えていました。
お店に着いたのは夜の7時半くらいでお客さんは私たちの他にはいませんでした。テンのオススメ、そしてここのお店で一番人気の海鮮トムヤムスープ麺を頼んで店内で待機のあいだ、私はいろいろと観察。テンの話だと、真夜中にはここはお客さんで満員になるそうです。7時半はまだまだ早いんですね。
e0268325_147275.jpg

注文をしてからおじいさんは、せっせとお料理をつくっています。とまぁ、普通なことなんですが、観察していると他のお店と違うところが少しずつわかってきました。
おじいさんは、本当に丁寧にメンスープを作っているんです。でも、すごく手際がいい!
二つまとめてつくるのではなく、本当にひとつひとつ丁寧に、例えば具の一つの魚肉団子も作っておいたタネを一つずつその場で丸めて茹でていました。
e0268325_1473254.jpg

そして出来上がった海鮮トムヤムスープ麺がこちら。
すごくおいしい〜!スープがいろいろなハーモニーから出来上がっている、とてもコクのある味。
プリップリしている海鮮たち、たくさんのお野菜といい具合に麺が絡み合います。

お店の様子も見てみると、、
いたってシンプル。飾りっけの全くないお店なんですが、ものすごく掃除が行き届いているんです。そして掃除がしやすいようにテーブルや冷蔵庫、その他のものが配置されていることに気がつきました。
私たちの注文を作り終わって、一息ついているおじいさんを観察していると、、、
まず店先のはじっこをほうきでさらに掃除して、洗ったコップを麺をゆでる大鍋の上に乾かすように設置したり、他の調理器具もちゃんと配置する場所を再確認するかのようにちょっと触りながら調整していました。
これからたくさんくるお客さんたちに備えているんですね。

このおじいさん、昔はバンコクでこのお料理の仕事で大成功し、大変金持ちだったそうです。ですが、あるコトがあり、そのおかげで全財産、そして家族までも失ってしまったのです。そして今はたったひとりで(最近二人の新しいスタッフをやとっているそうですが)、このスープ麺のお店をやって生計をたてているのです。
このおじいさん、本当にこのスープ麺をつくることが大好きなんですって。だから全て失っても、またその好きなことで生きていけているんですね。。なんだか、すごい。
好きなものをきちんと作るために道具や作る場所が整理整頓されて、ベストが保てる状態に常に気を配ることってとても大切です。そういうものは最低限のもので出来上がるもの。
好きなことを仕事にしている人を見ると、何か芯が強いものを感じます。

そこから生まれでてくる物はなんであれ、いいエネルギーが伝わってくるので大好きです!

やっぱり、人と人とはエネルギーでつながれていくのかな。
だから自分をごまかしたり、正直でいないと、伝わるものが濁ってしまい、変なふうに伝わってしまったりするのだろうと思います。
みんなそんなことは考えなくても、自然にそういうものにはそれなりの反応がでてくるもの。

曇りのない澄んだ目で自分を見つめてみようと思わせてくれたスープ麺でした。
[PR]
by mhongtree | 2013-03-24 02:30 | もぐもぐ。。。
<< 3月の雪 JJマーケットでのうれしい変化 >>