ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

大ショック!!

今日、
5年前の夏にスウェーデンのフリーマーケットで出会い即買いした年季の入ったルクルーゼのココットロンドの蓋を壊してしまいました。
e0268325_1520939.jpg

あこがれだったルクルーゼをこんな出会いで手に入れてからずっと使い続けて5年。(この購入時点ですでに年季が入っていたので、、いったい何歳だったのか不明ですが。)カレーやスープを作る時に大活躍!しょっちゅう出番がありました。私がスウェーデンに不在の時は大切な友人に預け、使ってもらっていましたが、とうとう今年一緒に海を渡ってタイにきました。

今日は、いつものようにモンの木のジンジャーシロップを作ろうと準備していて、テーブルの上に鍋をおき、
どうしてこんなことしたのかなぁ、、、
ちょっと不安定なバランスで蓋を鍋の上に置いてしまいました。

そして、ガッチーーーーーーーン!!!!

と、滑り落ちた蓋が床(タイは床がタイルでできています)で真っ二つに!

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(涙)

呆然。

まさかこんな風に割れるなんて。しかも自分でやってしまった不祥事に、怒ることもできず、ただただ悲しくなってしまいました。頑丈な鍋なのですが、さすがに長年使っていると、衝撃に耐えられなくなるんでしょう。。

私が本当にこの鍋が大好きで大事にしていることを知っているテンは、

「こういうふうに斜めに蓋をおいちゃだめなんだよね。でも、ボクが作ったテーブルがちょっとぐらついていたから。。。ゴメン!このテーブルもっとちゃんと作り直すよ!」
と、謝ってくれちゃうんです。。全然、テンは悪くないのに、なんで謝ってくれちゃうの!?とびっくり。

鍋にしては高価なことも知っているので、

「無駄使いをしないで、もっとがんばってお金を貯めたら、数ヶ月後、新しいのが買えるよ!ボク次は若草色のがいいなぁ〜」と励ましてくれます。

すごいなぁ、この人と感動。。悲しさがすっとびました。

気を取り直して。

ルクルーゼのウェブページを調べてみると、修理は行っておらず、蓋だけの購入もできないそう。やっぱり新しいのを買うしかないのか。でも、タイには売っていないみたいだし。当分お預け。

たかが鍋なんですが、、すごく重宝していたのでがっかりなんです。ルクルーゼの創業は1925年。本国フランスでは、大切に使い込んだル・クルーゼを家族代々で受け継ぎながら使っているんです。
一生モノが好きな私。今はもう売られていないクリームヤマブキ色のこのココットロンドをずっと使い続けるつもり満々だったんです。
あぁ、自分、失態。。。!

とりあえず、ジンジャーシロップのあく取りをしながらモンモンと考えたこと。

不幸中の幸い、割れたのは蓋だったから、完全にこのルクルーゼの良さを引だしての料理はできなくなったけど、でもまだ料理はできる。今度、鉄の職人さんにこの蓋を接いでもらえるか聞いてみることにしました。
この鍋は22cm。家族も増えたことだし、これは24cmのルクルーゼを次回手に入れるいいチャンスかも、と前向きに前向きに。

目標、来年、24cmの若草色のココットロンド! 
e0268325_1624376.jpg

もしくは、パープル。
e0268325_16391759.jpg



叶いますように!

そして、このルクルーゼで作ったジンジャーシロップ、おいしいです♪
[PR]
by mhongtree | 2013-08-31 16:32 | きらきら。。。
<< わたしサラダとあなたドレッシング 意外な、クセになるおいしさ >>