ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

たまご5個を1バーツで買った

e0268325_13222914.jpg

つい最近、お買い得タマゴ40個ほど買ったため、我が家にはタマゴがあふれています。どの国にいても今まではタマゴを買ったらすぐ冷蔵庫に入れて保存していましたが、どうやらタイでは常温で保存するのが普通のようみたたいなので不思議。暑い国なのにだいじょうぶなのかな?

そしてさらに先日友人がタマゴをなぜかくれたため、タマゴがどっさり!我が家はそんなにタマゴを消費しないので、縫い子のミーちゃんにあげようとおもいました。

とりあえず、もらったタマゴをそのままミーちゃんに持って行くことにして、5個ふくろにいれていきました。
もちろん、「ありがとう〜!」と言って受け取ってくれましたが、次に聞かれたのは
「これはわざわざ私たちのために買ったんじゃないよね??」と。
なので正直に
「違うよ。ウチにタマゴがいっぱいあるのに先日友人がさらにタマゴをくれたから、だからミーちゃんにお裾分けしたいとおもったの。」
と言うと、そうか、そうか、と。財布から1バーツをだして私の手のひらに握らせようとしました。

えっ!何?私お金いらないよ!あげたんだからー! といっても

「これで私はヨーコからタマゴを買ったことにして!そうしたら子供達が食べられるから」と。

???

そうなのです。ミーちゃんはモン族の女。そこにはモン族のルールがあるのです。

現在、ミーちゃんの家にはミーちゃんのだんなさんの両親、旦那さんの弟と妹の家族が一緒に住んでいます。一番の働き手であるミーちゃんとその旦那さんをたよりに山を下りてきた家族。といっても、仕事がないのでお世話になっているだけなんですけど、、。

でも、職のあるミーちゃんとその旦那さんが養わないといけないのです。

モン族の女性にはあまり権利がなく、女性が貰った物はすべて他の家族のメンバーのモノになります。稼いだお金ももちろん、自分や自分の子供のために使うことはできません。

なので、ミーちゃんやその子供達に限定でなにかあげたい場合は、本当にミーちゃんや子供達が使える現物を買って渡すのが一番。そうするとちゃんと彼等の手元に残ります。

さて、今回のタマゴの場合は、もちろんタマゴはみんなが食べられるもの。この家族は現在ゆうに10人は越えているので、5個のタマゴはまず旦那さんの両親とその妹弟家族のところへ先にいってしまうでしょう。
ミーちゃんは決してケチではないんです。ただ、せっかく私がいつもミーちゃんの健康のため、ミーちゃんの子供たちのためと差し入れをするので、私のその気持ちををちゃんと受け取りたいらしいんです。
そこで今回ミーちゃんが1バーツでこの5個のタマゴを子供達のために買った、という形にすると、ちゃんとミーちゃんの子供達(3人)がこのタマゴを食べられるらしいんです。

この家にはたくさんの鶏がいて、毎日10個程はタマゴが収穫できるそうです。いつも鶏にはごはんをあたえているので、普通にマーケットで売られているタマゴよりおいしいんだそう。
じゃ、あんまりタマゴは必要ないかなというのが、今回の私の経験。でもタマゴは栄養価が高いので、子供達がたくさんいるこの家族にはもっとたくさんのタマゴがあっていいのかも。。
もちろんこの家族全体に全てが行き届いたらいいんだけど、一番の働き手のミーちゃんが倒れてしまっては大変。それに私はしっかり仕事をこなしてくれるミーちゃんに時々贈り物をしたいのです。
贈り物をするときも彼女は”モン族の女性であること”を考えなければ。。。

山岳民族の女性の立場はまだまだ驚く程低いんです。今回のタマゴの件はまったくかわいいもので、いろいろびっくりするようなエピソードもあります。

今、私はこのミーちゃんの旦那さんの妹さんになにかお仕事ができるようにデザインを考えています。ミシンは使えないけれど、モン族の女性は手先が器用で手縫い、手刺繍が得意なんです。なにか素敵なものをつくってもらえたら、私たちもこの妹さんの家族も、そしてお客様もうれしいはず!

なにかMhong Treeでできそうです♪
e0268325_149261.jpg

今朝のタマゴを使った朝食、ホットケーキと写真にありませんがポーチドエッグ。

* -Photo of eggs from internet-
[PR]
by mhongtree | 2013-10-17 14:10 | きらきら。。。
<< タイ語の絵本3 Baking time >>