ブログトップ

Mhong Tree

mhongtree.exblog.jp

チクチク。。。

タイに来たての頃、アトピーの自然療法中に書いていた私のブログの記事を綴っております。

<2011年01月31日の記事>いろいろな意味

もう2011年始まって、1ヶ月も経つのね。
この1ヶ月は本当に濃厚な人生経験をさせてもらった。
どんなに途方に暮れるような出来事でも、やっぱりそこには意味があって、その意味を本当に理解し始めると、それは生きていく強い力に変わる。
言葉だけで、頭で、『理解する』ことでは、行動には移行できない。
本当に言葉を越えて身体で、魂で理解すると、もうそれは自分の一部になる。その快感はこの地球で生きている時間にしか体験できないんだろうな。ありがたい。

ところで、以前からアナウンスしていたノートブック類がぞくぞく完成し、お客様の手に渡り始めた。
今度は日本語、英語、タイ語で、ちゃんと商品への思いを伝える言葉をそえることになり、さらにこの力強く巣立って行ってもらえることになった。
私たちそれぞれが持っている個性、能力を言葉という道具とともに表現し、魂に栄養を与えていく。
ありがたく、いただきます!
おいしーーーい!!
e0268325_225914.jpg


<2011年02月18日の記事>

タイ北部の山岳民族の一つ、アカ族のパターンと
なぜか韓国チックなシンプルなリサイクルバインダーノートブック。

おかげさまで大好評です。うれしいな。
予約が入るまでになり、今せっせと作っております。お待ちの皆様、少々お待ちを〜!

(現在、このリサイクルバインダーはチェンマイにあります土のお家カフェDin Deeにて引き続き販売中です。この時からはじめてからずっと今まで、いろいろな人の手に巣立っていきました。ありがとうございます。)
e0268325_210878.jpg


+++++++++++++++++++++++++++++
たまにはね

お腹がすいていようが、いまいが、
この屋台がでているとついつい吸い寄せられてしまう。。
e0268325_2121793.jpg

10バーツで、数種類の炒め麺の中から1種類選び、ピーナッツや香辛料、調味料、数種類の生野菜を自分で好きなだけトッピングするのだ。
炒め麺は細麺からはじまり、太麺まで、一緒に炒めているものはキャベツのみ。
きっと、、、というかかなりの確率で味の素ははいっているんだろうとはわかっていでも、このベジタリアン焼きそばを前にすると、もう直行していただいてしまう。10バーツでかなりリッチなスナック。

いつも、食にはかなり気をつけているけど、たまにはいいかぁ〜!

私のお気に入りは、太麺。
そこにた〜っぷりピーナッツをふりかけ、お酢をふりかけ、もやしとレタスを盛って、ぎしっと蓋を閉める。

<2011年02月24日の記事>
最近すごぶる肌の調子よし!
周りの人々もこの回復ぶりに驚きが隠せないほど。
本当にうれしい〜!

何をやっているの??って聞かれる時に自分が試してみて効果見えるものをあげてみると、やっぱり自然治癒の方法はひとつじゃないんだなと納得させられる。コレをやったから効く、コレは効果絶大!なんてものはない。
一つだけの理由ではないの。
身体の不調は自分が向き合うことのヒントがたくさん隠されている。
今度わたし版回復レシピなんて書いてみようかなぁなんて思ってます。

そんなレシピの中で、自分では意外〜〜〜〜!って思っていたけど、コレ無しでは回復はあり得ないなというものをご紹介。
やっぱり、

Love

そして

Post Rock!!

もう一回書きますが、これは私版回復レシピです。
”愛”は皆さんにも一番大切なものですが、ポストロックはどうかな(笑)
オーガニックファームにいる時にも、ポストロックは欠かせないものになった。
畑の真ん中で、岡のてっぺんで、I`m Post Rock!

弟くんのおかげで、動かなくなった私のiPod復活!
ポストロックなかったら、ファームに帰れない〜って言っていたけど、無事解決した。
弟くん、さすがです。ありがとう。

街に帰って来ると、チクチクチクチク。。。。

ここでの制作は私の大きなアートプロジェクトになった。
誠心誠意を込めて、このプロジェクトに向き合います。

制作の合間に休憩がてら、カフェでシェアリング。
本を読んだり、友達とはなしたり。。。。

(このときはまだpost rockというジャンルの音楽を知らなかったんです。この時をきっかけに今もやっぱりよくこの音楽は聞いています。リラックスしたい時にはとくに気持ちがいい音楽です。音楽ってやはりすーっと心に染み込み、奥の方に届きますね。)
[PR]
by mhongtree | 2013-12-09 17:59 | こころのごはん
<< 12月の感謝企画 モノづくりのわ >>